What's New

2017/8/25

菅平合宿とOB戦の写真をアップしました。

本の紹介

ここでは、とりあえず、読んだらよさそうな本を紹介します。

 

1. 浜田一志著 『部活しながら東大に受かる勉強法』 中経出版 1365円

  浜田さんは、2009年8月27日にTBS「総力報道 THE NEWS」

  東大野球部スカウト部長としての活動が放送されました。

  この本には、受験に必要なことと具体的な勉強法が書かれていて、とても

  役に立ちます。

  たとえば、東大入学者のうちけっこう少なくないひとが、夏休みまえの偏差値

  50以下だとか、東京6大学で野球をしたい一心で受験勉強に打ち込むとか・・・。

  これを読んで芝高ラグビー部員が東大に入ったら、 ラグビー部員は倍増するで

  しょうね。

 

2. 三田紀房著 「ドラゴン桜」 (モーニングKC (909)) [コミック]  

  コミック本でも侮れません。進学校での受験指導を踏まえた、具体的な

   テクニックが書いてあります。たしか、「ドラゴン桜の勉強法」という本も

    書店にあったような気がします。

 

How toものでなく、じっくり読む本

 

1.増田四郎著「大学でいかに学ぶか」 講談社現代新書 750円

  一橋大学の学長をされた歴史学者増田四郎さんが書いた本です。初版から50年たった今でも色あせないすごい本です。1年生にはちょっと難しいかもしれ ませんが、 3年生なら読めるのではないでしょうか。戦前の人はこんな環境の中で頑張ったのかということと、学問の素晴らしさがわかります。大学四年生になって、卒業 研究に苦しんだときに読むとすごく力になります。

 

2.菊池寛著「恩讐のかなたに」 文庫本

 作家井上ひさしが、原稿を書くのに苦しんだとき、何度となく読んでがんばったという小説です。百ページほどの小説で読みやすい本です。